ネットショップ勉強部屋

ゼロからはじめるショップ作り

ネットショップの始め方!初心者でも簡単な作り方をプロが分かりやすく解説

はじめまして、Tamiya(たみや)です。

この記事では、知識ゼロでもネットショップを始められるように、分かりやすく手順を解説していきます。

私は2011年よりネットショップを主な事業として起業し、今現在まで10年以上ネットショップ事業をやっています。

このページをご覧いただければ、知識がゼロでも

 

  • ネットショップの仕組み
  • ネットショップの作り方
  • 売れる仕組み作り
  • ネットショップの運営方法

これらが理解できるようになっていますので、ぜひ活用してください。

実際のお店よりも低コストではじめられるネットショップだからこそ、できるだけ少ない費用で取り組めて、結果の出しやすい運営がしたいですよね。

そのあたりも踏まえたうえで、おすすめのネットショップや運営方法などについても紹介していきます。

ネットショップの仕組み

まず、ネットショップの仕組みを分かりやすく図にしてみました。

分かりやすいように、ここではSHOPを「楽天」に設定して解説していきましょう。

f:id:kawabatamasami:20210217222222p:plain

まず楽天市場にネットショップをオープンしたら、商品を出品します。

次にお客さんが楽天ショップの数ある商品のなかから、あなたが出品した商品を見つけて購入します。

商品を購入したお客さんは「楽天」に、商品代金のお支払いをします。

お客さんがお支払いをしたら、あなたはお客さんへ買ってもらった商品を発送します。

発送まで完了したら、楽天からあなたへ売上金が振り込まれるといった流れになります。

この流れは楽天だけでなく


  • ヤフーショッピング
  • Amazon
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • BASE
  • カラーミーショップ

など、楽天以外のネットショップに出店した場合も、同じような流れになります。

あなたが行う業務は基本的に


  • 出品作業
  • 発送作業

のみです。

あとは出店先のネットショップサービス(楽天やヤフー)が、お客さんからのお支払いなどの管理をしてくれます。

 

ネットショップにはモール型と独自ストア型がある

ネットショップには2種類あります。

 

  • モール型
  • 独自ストア型

です。

f:id:kawabatamasami:20210226074657p:plain

モール型のネットショップとは、誰でも知っている

 

  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング

などのモールが有名ですね。

もうひとつの、独自ストア型の出店先というのが

 

  • BASE
  • カラーミーショップ

になります。

モール型と独自ストア型の違いはいろいろありますが、分かりやすく言うと


  • モール型にはすでにお客さんがたくさん集まっている
  • 独自ストア型だと自分で集客する必要がある

という違いがあります。

モール型に出店すれば、ぶっちゃげ出店した初日に売れ始めます。

ただし、申し込みから出店までに審査を通過しなければならないため、実際にお店をオープンするまでに申し込みから一月ほどかかります。

またこれからネットショップを始める初心者にとって、楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどのモール型ネットショップの出店はちょっとむずかしいので(知識が必要だし経費が高くなる)、はじめはおすすめしません。

モールの特徴

  • お客さんがたくさんいる
  • お店作りがむずかしい
  • お店オープンまでに時間がかかる
  • お店作りに知識が必要
  • 初期費用が高くなる

いっぽうで独自ストア型に出店する場合は、誰でも簡単にショップを作ることができますので、申し込んだ初日からお店をオープンすることができます。

ただし独自ストアの場合は、はじめはお客さんが1人も来てくれませんので、自分の力で集客をしなければいけません。

よって、独自ストア型は集客にも力を入れていかないといけないという違いがあります。

独自ストアの特徴

  • はじめはお客さんがいない
  • 誰でも簡単にはじめられる
  • すぐにお店をオープンできる
  • 知識ゼロでも簡単にお店が作れる

集客をするのはやはり大変ですが、最終的には、この独自ストアで売れるようになるのが理想的です。

 

ネットショップにはストア出店と個人出品がある

モール型と独自ストア型のネットショップについて解説しましたが、ネットショップにはもうひとつ


  • 個人出品として販売する

方法があります。

ヤフオクやメルカリなどです。

f:id:kawabatamasami:20210226080148p:plain

 

ヤフオクとメルカリは商品を出品するだけの作業になるので、ネット販売に慣れていない場合は、ここからスタートするのもおすすめ。

実際に私はメルカリでスマートフォンのケースを販売していますが、メルカリだけで月に40万円以上も売り上げたことがあります。

f:id:kawabatamasami:20210226232458p:plain

メルカリやヤフオクはショップではなく個人出品になりますが、モール型のネットショップと同じくらい集客力がありますので、お買い物をする気まんまんの人がたくさん集まっているので売れやすいです。

あとできちんと説明しますが、はじめてネットショップを始める場合は、独自ショップ型(BASEやカラーミー)と、このヤフオク、メルカリを組み合わせた運営がとてもおすすめです。

www.internet-3-b.com

ネットショップの仕組みについてもっと詳しく知りたいという方は、この記事を参考にしてください。

 

ネットショップで売る商品を決める

f:id:kawabatamasami:20210228225825p:plain

すでにネットショップで取り扱う商品が決まっている、お店で販売している商品をネットで売る予定!という方はここは読まなくてOKです!

まだネットショップで売る商品が決まっていない、仕入れ先が分からない!という方はネットショップで売る商品をきめないといけませんね

まず商品にはおおきく分けて、2通りあります

 

  1. 既製品を仕入れる
  2. オリジナルで作る商品

簡単なのは1で、仕入れサイトなどから商品を仕入れる方法です。

おすすめの仕入れサイトについては、下の記事をごらんください。

www.internet-3-b.com

次に2の、オリジナル商品を作る方法。

これはオリジナルの商品を作ってくれる業者さんにお願いしてもいいですし、自分でハンドメイド商品を作ってもOKです。

オリジナル商品は、お客さんに知られるまでに時間がかかりますし、ファンを作るまでには時間がかかるので、はじめはなかなか売れないでしょう。

しかし一度ファンができれば、継続して売れる可能性があります。

また最近ではパソコンやデザインの知識がなくても、簡単にオリジナルの商品が作れるサービスがたくさんありますので、そういったサービスを利用するのもおすすめですね。

 

ネットショップ運営にかかる費用

つづいて、ネットショップの運営にかかる費用について解説します。

ネットショップの運営にかかる費用は、出店先により違います。

2021年現在、主なネットショップ出店サービスの費用を表にまとめてみましたので、ごらんください。

  月額利用料 売上ロイヤルティ
楽天市場 19500円(12ヶ月分一括払) 販売価格の3.5〜7%
ヤフーショッピング 無料 販売価格の2.5%
Amazon 4900円 販売価格の8〜15%
ヤフオク(ストア) 無料 落札価格の7.7%
ヤフーオークション 462円 落札価格の8.8%
メルカリ 無料 販売価格の10%
BASE 無料 販売価格の最大6.6%+40円
カラーミーショップ 3000円 なし(カード決済手数料は有り)

出店先によって、月額料金売上ロイヤルティも、まったく違うのが分かりますよね。

月額料金とは、毎月出店先のネットショップに支払わなければならない料金です。

売上ロイヤリティというのは、商品が売れた毎に、売れた商品の数パーセントが差し引かれます。


例)ロイヤリティ3%の場合で、1,000円の商品が売れたらロイヤリティ代金30円が利用料として差し引かれる

 

注意しなければいけないのは、利用料やロイヤルティが高いからといって売れやすいわけではないということです。(ここ大事なので覚えておいてください!)

基本的にネットショップにかかる費用は、上の表にあるように

 

  • 出店先の月額料
  • 売れたときに支払うロイヤルティ

この2つの費用がかかることになります。

そのほかにも

 

  • 送料
  • 梱包材などの経費
  • 光回線などのネット通信回線
  • 商品撮影道具(スマホでも可)
  • パソコンなどの備品代

といった費用が必要です。

 

どこのネットショップに出店(出品)するのかを決める

ネットショップの仕組みと、ひつようになる費用が分かったら、次はどこにネットショップを出店するのかを決めます。

ネットショップにもいろいろありますが、主な出店先といえば下のとおりです。

 

  • 楽天市場
  • Amazon
  • ヤフーショッピング
  • BASE
  • カラーミーショップ
  • ヤフオク
  • メルカリ

こんなにあると、正直どこに出店すればいいのか分からないですよねー

でも安心してください。

これからネットショップをゼロから始めるのであれば、候補は実質1拓のみです。

まずは、BASEでお店を作ってみることからはじめましょう。(カラーミーショップよりもBASEの方が簡単です)

カラーミーショップも独自ショップなのですが

 

  • 月額費用がかかること
  • ショップ作りがむずかしい
  • 運営がむずかしい

など、カラーミーショップはBASEよりも資金がかかりますし、パソコンやネットの知識が必要になるため、ゼロからネットショップを始めるのであればBASEの方がおすすめです。

え?楽天やAmazonに出店した方がいいんじゃないの、、?と思われるかもしれませんが、楽天やAmazonもオープンしたと同時に月額料がかかりますので、売れなければ赤字が発生してしまいます

楽天だと出店するだけで30万円ほどの経費が必要になりますし、お店作りも専門的な知識が必要なので、いきなりモールへの出店は正直リスクが高すぎです。

ただしモールへの出店は売り上げを作る上で非常に大切になりますので、のちのちはモールへ出店することも頭に入れておいてください。

 

BASEに出店するメリット

BASEはネットショップについて知識ゼロの人でも、とても簡単かつ時間をかけずにショップを作ることができるというメリットがあります。

 

  • 出品手順
  • ショップデザイン
  • 運営者情報の作成

など、ネットショップを構成するために作らなければならないページ作りが、ありえないくらい簡単なんです。

※BASEでの出品手順、ショップデザインの作り方、運営者情報の作成手順なども分かりやすく解説しますので、ご安心ください。

BASEで出店するメリットは以下のとおり。

 

  • お店作りが簡単
  • 出店審査がない
  • 登録初日にお店をオープンできる
  • だれでもオシャレなショップが作れる
  • 商品出品もかんたん
  • 売れたあとの取引もかんたん
  • モール型ネットショップに出店するときの参考になる

パソコンやネットショップの知識がなくても、BASEだったらお店がかんたんに作れます。なので、やり方に困ったり、迷わずにショップの運営に取り組むことができます

またモール型のネットショップのように、ショップを出店するにあたり審査もありません。(審査自体がない)

ですので、登録した初日からネットショップをオープンさせることができるので、出品作業にすばやく取り組むこともできますよね。

BASEはお店作りのためのテンプレートがおしゃれでかわいいものが多いので、初心者でもそれなりにおしゃれで見栄えの良いショップが完成できるんです。

とにかくBASEは、登録お店作りも、出品お客さんとのやり取りも、すべてが簡単なので、「ネットの知識がない自分じゃ不安、、」という人でも全く問題なくネットショップが作れます。

 

BASE開設方法

f:id:kawabatamasami:20210222232958p:plain

BASEにネットショップを開くのはとても簡単で、30秒で開設できちゃいます!

具体的な手順は、こんなかんじになっています。


  1. 登録画面にメールアドレスを入力
  2. パスワードを決める
  3. 開設完了!!

小学生でも始められるほど簡単ですので、安心してください。

下の記事にくわしい手順と、お店のデザインの作り方や商品登録の手順もくわしく分かりやすくまとめていますので、見ながら手順どおり進めてもらえればお店オープンまで完了します。

www.internet-3-b.com

 

BASEを始めると同時にブログやSNSも始めよう(集客対策)

BASEは独自ショップ型となりますので、集客を自分でやらないといけません。

はじめはあなたのお店を誰も知らないので、BASEでお店を作ったと同時に、ブログやSNSをはじめましょう。

ブログは面倒だなーという人は、

 

  • インスタグラム
  • ツイッター
  • フェイスブック

などのSNSを、どれかひとつは始めましょう。

ブログやSNSは無料で使えて、たくさんの人に投稿を見てもらえる便利なツールなので、利用しない手はありません。

かならずショップ専用のSNSアカウントを作ってはじめてみてください。

 

ネットショップの運営方法

BASEでの出店が完了したら、作ったショップを運営していかないといけません。

運営といってもなにもむずかしいことではなく、売れたら発送をするというのが基本になります。

ネットショップの運営の流れは

 

  1. 商品を撮影して出品する
  2. 商品説明文を作る
  3. 配送方法を決める
  4. 発送する

となります。

とくにむずかしいことではなく、誰でもできることなので安心してください。

 

出品商品の撮影

出品商品の撮影は一眼レフでの撮影がおすすめですが、一眼レフを持っていない場合はスマートフォンで撮影しても問題なく売れます。

のちのち売れるようになったら、商品撮影用の一眼レフを購入されるといいでしょう。

商品撮影は専用の撮影ボックスを使うことをおすすめします。

www.internet-3-b.com

売れる商品画像の作り方については、こちらの記事でくわしくまとめていますので使ってください。

 

出品商品の価格を設定する

商品の撮影がおわったら、次に出品する商品の価格を決めます。

ぶっちゃげて言ってしまうと、安いほうが売れます!

仕入れ値とのかねあいもありますのでムリして安い価格に設定しなくても大丈夫ですが、利益の出せる範囲で安く設定したほうが売れ行きがいいことは知っておいてください。

仕入れ値のほかにも、売れたあとのロイヤルティを差し引いて利益が残る設定にします。

またネット販売では商品によってある程度、「売れやすい価格」というものが存在します。

ネットでどのくらいの値段で売れるのかは、オークファンというツールを使うことで簡単に調べることができますので、かならず使ってください。

 

商品の説明文を作る

商品の説明文はお客さんが商品を買うかどうかを判断するとても大切な部分になります。

むずかしく考えずに、お客さんにとって分かりやすい説明文を心がけます。

 

  • 商品のサイズ
  • 素材
  • 特徴
  • 使うことでどう変わるのか

などをありのままに記載します。

売りたいがために実際の商品よりも大袈裟に良く見せるような説明文は逆効果になりますので、気をつけてください。

 

配送方法を決める(運送会社との契約)

ネットショップで売れた商品は運送会社と契約して発送をします。

基本的には

 

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本郵政

この3つの会社から見積もりをとって、一番有利になる条件を出してくれた会社と契約します。

 

売れた商品を発送する

商品が売れたらお客さんに発送をします。

しっかりと梱包をして、けして雑な扱いにならないように気をつけてください。

 

BASEでネットショップを始めたけど全然売れない時の対策

f:id:kawabatamasami:20210303230530p:plain

BASEは自分で集客をしなければならないので、なかなか売れないとうことは多々あります。

誰だってそうですし、当たり前のこと。もちろん苦戦します。

そもそも、BASEにショップをひらいて商品を出品するだけだと、まったく売れないでしょう。

BASEで売っていくには戦略をもって集客をしていかないといけません。

具体的には

 

  • SNSで集客をする
  • ブログで集客をする
  • ヤフオクでも売る
  • メルカリでも売る
  • モールにも出店する
  • 広告を出す

など、やれることはたくさんあります。

このなかでもすぐに誰でも取り組めるのは、メルカリやヤフオクにも出品することです。

www.internet-3-b.com

はじめにも説明しましたが、ヤフオクとメルカリはモールと同じくらい集客力がありますので、物を買う気マンマンの人たちが集まっているので、圧倒的に売れやすいです。

f:id:kawabatamasami:20210303225722p:plain

私もはじめてのネットショップ経験は、ヤフオクからスタートしました。

メルカリやヤフオクで商品が売れたら、BASEで作ったお店をお知らせするチラシを一緒に入れて発送するなど、やれることはたくさんありますよね。(割引チラシなどにするとより効果的)

 

ネットショップの始め方にある良くある質問

ネットショップを始める方によくある質問をまとめてみました。

ぜひ参考にされてみてください。

BASEだけでモール出店はしなくても売れますか?

BASEに出店をして、いきなり食べていくほどの売り上げを作るのは正直むずかしいでしょう。

ヤフオク、メルカリへの出品も同時にやるべきです。

売り上げが上がってきたら、ゆくゆくはモール出店も検討してみましょう。

 

モール出店だとどこがオススメですか?

個人的には、はじめてモール出店をするならヤフーショッピングをオススメしています。

理由は月額利用料がかからないことです。

利用料のかかる楽天やアマゾンだと出店した初月から利用料がかかりますので、売れない場合は赤字を背負うことになります。

 

どうしてカラーミーショップよりもBASEがオススメなの?

BASEの方が圧倒的に運営が簡単だからです。また、BASEだと月額料料もかかりません。

 

ご質問をツイッターで受け付けています

ネットショップ関係のご質問をTwitterで受け付けています。

タミヤのツイッター

ツイッター → @tamiya_co

お気軽にご相談ください。

© 2021- ネットショップ勉強部屋