ネットショップ勉強部屋

ゼロからはじめるショップ作り

おすすめの仕入れサイトを厳選して紹介

ネットショップの仕入れは2通りで、

 

  1. 既製品を仕入れる
  2. オリジナル商品を作る

このどちらかになります。

まだ商品が決まっていない段階でオリジナル商品を作るのはけっこうハードルが高く感じますよね?

いきなりオリジナル商品を作るのがむずかしいなら、まずは簡単に仕入れができる「卸サイト」から始めるのが難易度が低くておすすめです。

卸サイトは日本国内の会社ですから安心して取引ができますし、ネットショップをこれからはじめる開店準備前の人でも利用できるので、手軽にはじめられるのです。

この記事ではネットショップの仕入れについて、

 

  • おすすめの卸サイト
  • 仕入れサイトの登録方法

この2つについて、分かりやすくお伝えしていきます。

仕入れサイトで商品を仕入れる

「仕入れサイト」で検索をすると、まぁたくさんの会社が出てきます。

 

  • スーパーデリバリー
  • タオバオ
  • アリババ
  • 卸問屋
  • SMASELL(スマセル)
  • ネッシー
  • ザッカネット
  • 卸売ドットコム

などですね。(この他にももっとある!)

こんなにたくさんの卸会社から、どうやって選べばいいんだー!と思ってしまうでしょうが、安心してください。

卸サイトから仕入れるなら、まずは1拓で

 

  • ネッシー

から仕入れすれば、たいていの商品は集まります。

ネッシーはジャンルを問わず、いろいろな商品が仕入れできる仕入れサイトです。

国内最大級の仕入れサイトなのでトラブルなく取引できますし、本当にいろんな商品があるので、まず仕入れできないジャンルの商品はほぼないといえます。

 

ネッシーで仕入れるメリット

まずネッシーは国内最大級の仕入れサイトで、仕入れサイトを使っている人からすると、誰でも知っている大手の仕入れサイトになります。

その実績はもちろんですが、圧倒的な商品数がありますので、仕入れたいジャンルの商品がかならず見つかるといっても大げさじゃないです。

さらに

 

  • 1点から仕入れできる
  • セールがある
  • 商品数が多いのでコーディネートで仕入れできる

というメリットがあります。

これからネットショップを始めるなら、ある程度の商品数がほしいですよね。

そんな中で商品を1点から仕入れできるのは、コスト的にもかなり嬉しいメリットです。

ひとつの商品の最低ロットが5つからの仕入れだとコストがかかりますが、1点から仕入れできれば初期費用をおさえることができるので、その分たくさんの商品数をそろえることができます。

また仕入れサイトのネッシーではさまざまなセールが開催されているのも、嬉しいメリットです。

安く仕入れをすることは、商売の基本中のキホンですからね

と、このようなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

 

ネッシーで仕入れるデメリット

卸サイトで仕入れをするデメリットは、ズバリ

 

  • 誰でも仕入れができる

という点です。

会員登録をしてしまえば、誰でもあなたと同じ商品の仕入れができますので価格競争になりやすいです。

このデメリットを解消するには、やはりお店のコンセプトをしっかりと決めて、魅力的な商品ラインナップを心がける必要があります。

商品セレクトも、しっかりとコンセプトを絞ったセレクトをしていかないと売りづらいでしょう。センスが必要だということですね。

 

ネッシーの登録方法

ネッシーの登録方法はとっても簡単です。

 

  • 名前
  • 住所、メールアドレス、電話番号
  • 屋号(お店の名前)
  • ネットショップのアドレス

これらの情報を入力して、登録するだけになります。

ショップの開店準備中の人でもネッシーの利用登録はできるのですが、登録には簡単な審査があります。

ですので、あらかじめBASEで自分のネットショップを作ってから卸サイトに登録することをおすすめします。

www.internet-3-b.com

この記事でBASEでネットショップを作る手順を分かりやすく解説していますので、使ってください。(10分でショップを作れます)

BASEで自分のネットショップを作ったら、ネッシー、の登録画面から申し込みをするだけです。

 

仕入れサイトを使うなら戦略が大切

仕入れサイトはゼロからネットショップを始める人にとって、すごく便利ではありますが戦略が大切になります。

 

  • お店のコンセプト
  • 商品セレクト
  • コーディネート
  • そのほかのサービス

など、ただ卸サイトから仕入れて売るだけじゃなく、お店のカラーをしっかり出していくことが成功のカギになるでしょう。

自分のお店のコンセプトをしっかり決めて、そのコンセプトにあった商品セレクトを心がけたいですね

© 2021- ネットショップ勉強部屋